トップアスリート×47都道府県

その他

トップアスリート×47都道府県(高知) 近代五種 山中詩乃

いかに100%の力を発揮できるか これからの課題。

自衛隊に入隊してから近代五種を知りました

小学生のころは、水泳選手としてオリンピックに出ることが夢だったんです。中学校も1年生のときまで水泳部だったんですが、そのときの顧問の先生に「お前は陸上部に行け」とアドバイスをもらい、それから高校まで陸上部に所属していました。
高校は寮生活で、練習はとても厳しく、3年生のときには陸上競技をすることが苦しくてしかたがなかったので、卒業後は「スポーツはやりたいときに楽しくやりたい」と思っていました。その後、自衛隊に入隊し、すぐに自衛隊体育学校の近代五種の監督やスカウトの方たちに「近代五種をやってみないか」と言われて、初めてこの競技のことを知りました。
近代五種は、水泳とランニング以外は初めて体験する競技ばかり。馬術では訓練場で実際に乗り始めても落馬を繰り返し、「怖い」という気持ちがなかなか拭えなかったのですが、今ではやっと強い気持ちで乗れるようになったのかなと思います。
私が経験してきた水泳や陸上は、自分のメンタルとの戦いなのですが、フェンシングなどの対人競技は今までやったことがなくて、「この競技を本当に自分がやるのかな」という気持ちでした。今でも試合ではなかなか勝てないのですが、やっと「試合での戦い方が分かってきたかな」という感じです。

可能性にどんどんチャレンジしてほしい

自分にとって、今回初めて参加するロンドンオリンピックは、次のリオデジャネイロにつながる大会にできればと思っています。そのためには全体的に競技力をアップして、フェンシングでは最低でもイーブンを、得意種目のコンバインド(射撃とランニング)では、いかに100%のパフォーマンスができるかというのが課題です。
私は小中高校、そして現在と本当に指導者に恵まれて、いい環境でスポーツができてきたと思っています。これからスポーツでオリンピックを目指そうか、どうしようかと悩んでいる子どもがいたら、「やりたいんだったらやる」と決めて、自分の可能性にどんどんチャレンジしていってもらいたい。そういった中で、高知県のスポーツレベルももっともっと上がっていけばいいですね。私もリオでのオリンピック以降は、自分の経験をいろんな人に語って、指導して、伝えていける指導者になれればいいなと思っています。

山中 詩乃やまなか しの

高知市出身。中学、高校では陸上選手として活躍。自衛隊に入隊後、はじめて近代五種を経験。競技歴わずか1年半で、中国で行われたアジア選手権に参加し、5位に入賞。

高知県内のtoto助成事例

新しくなった人工芝のテニスコートに利用者も大喜び

日高村役場(日高村総合運動公園)地域スポーツ施設整備助成

新しい人工芝でテニス人工の拡大を


子どもたちの教室を開催し底辺を広げる

平成8年に整備された日高村総合運動公園のテニスコートは、人気のある施設で、利用率が高いものの、開園当初から張っていた人工芝の耐用年数が過ぎ、芝はすり減り、手作業で補修を繰り返し、利用者から不満の声も上がっていました。
そこで、スポーツ振興くじ(toto)助成を受け、平成21年6月にテニスコートの人工芝の全面張替えをしました。新しい人工芝は「コートに立ったときの足の感触が違う」「きれいなコートでプレーすると気持ちがいい」と、利用者には大好評です。
また、人工芝が新しくなったことをきっかけに、総合型地域スポーツクラブの「ひだか茂平クラブ」が小学生を中心としたテニス初心者教室を開催。テニス人口の底辺を広げる取り組みが、徐々に広がっています。
日高村教育委員会の前田修平さんは、「テニスを楽しむ子どもたちが増えて、将来はオリンピック選手がこの村から出てくれれば」と、新しくなったテニスコートに期待を寄せるとともに、夢を語ってくれました。

教室やイベントを開催し世代間交流や健康づくり

NPO法人 すさきスポーツクラブ総合型地域スポーツクラブ活動助成

さまざまな教室が交流や健康づくりに役立つ


教室や大会を充実させ会員を増やしていく

子どもから高齢者まで、誰もが気軽にスポーツを楽しみ、世代間の交流や健康づくり、スポーツ人口の増加を目指し、スポーツ振興くじ(toto)助成を受け、平成15年に設立準備委員会を立ち上げ、平成16年にNPO法人すさきスポーツクラブは活動をスタート。現在は1年を通じてさまざまなスポーツ教室やスポーツ大会、イベントなどを実施しています。
クラブでは、高校生以下1500円、一般3600円の年会費プラス保険料で、どの教室にも自由に参加できます。この年会費は教室で使用する道具やイベントでの景品などに使われていて、スタッフの人件費や、各教室の指導者に対する謝金には、toto助成が大いに役立っています。
目標は、会員を増やして、自立したクラブの運営ができること。「指導者を充実させ、楽しい教室を開催して、入会してくれている会員を大事にして、つながりを広げていきたい」と、事務局の佐竹ゆかりさん、橋本真記さんは口をそろえて熱く語ってくれました。