トップアスリート×47都道府県

その他

トップアスリート×47都道府県(大分) 新体操 田中琴乃

励みになる地元の応援 華やかさや強さを伝える演技をしたい。

内向的な性格を直そうと始める

ロンドン五輪では前回北京大会(2008年)での悔いを晴らしたいという思いで「五輪のための練習」に励んでいます。中途半端な気持ちで臨まず、一回一回が力のこもった練習になるよう心掛けています。
北京ではやってきたことが出し切れなくて、思うような結果が残せず悔しかった。4年前、私は最年少でしたが、今は主将という立場。何も分からずひたすら毎日の練習をこなしていたころと比べ、チーム全体を考えて動く視野もできてきました。みんなにはあんな悔しい思いをさせたくない。一丸となって頑張ります。
新体操は表現するスポーツです。ただの戦いではなく、見ている人に華やかさや強さが伝わり楽しんでもらえるとうれしいです。
ぽっちゃり体形と内向的な性格を直そうと、新体操を始めました。五輪挑戦に向け故郷・別府市を離れましたが、中学3年まで松永新体操クラブ(松永悦子代表、同市)に所属していました。みな心から新体操を楽しんでいたと思います。今も帰省して温泉に入ると落ち着くし、家族や親戚、友人に会うとエネルギーをもらえます。故郷は温かい気持ちになる、なくてはならないもの。地元の応援が励みになっています。

夢を与えられる存在でありたい

松永クラブは大きいチームなので、豊富な知識を持つ指導者から多くのことを学べるし、目標になる人がたくさんいます。私も上級生を見て育ってきました。表現スポーツとして、ただ上手なだけでなく、「この笑顔がいい」とか、「こういう演技がしたい」といったお手本が身近にいる環境は重要だと思います。
大分にはサッカーやバスケットボールなど多くのプロチ―ムがあります。応援を通じて地域が一つになり、熱くなれる。悩みがあっても、選手の姿に励まされ「自分も頑張ろう」と思える。子どもたちにとって生の試合を見るのはとても大切です。
試合を見てまねをする中で、楽しくなり、本格的に競技を始めることもあるでしょう。地域にチームがあればその機会は大きく広がります。五輪の舞台で戦う私たちも、ただ結果を残すためだけに頑張っているのではありません。夢を与え、「ああなりたい」と思ってもらえる存在でありたいです。

田中 琴乃たなか ことの

1991年生まれ。別府市出身。5歳から新体操を始め、別府市山の手中学校時代に全日本クラブ選手権ジュニアの部で優勝。団体メンバーとして北京オリンピックにも出場した。

大分県内のtoto助成事例

スポーツで地域に夢と元気を

NPO法人 川添なのはなクラブ総合型地域スポーツクラブ活動助成

助成を受け購入したバスが大活躍している


総合型地域スポーツクラブ「NPO法人川添なのはなクラブ」(児玉隆成会長)は、健康で夢と生きがいを持った暮らしと、地域の活力づくりを目的に2007年設立された。大分市川添小学校校区の全世帯6500人と校区外の特別会員をメンバーとしている。子ども対象の五つのスポーツ少年団に約120人。大人向けは六つのスポーツクラブと和太鼓など文化クラブに、約600人が登録している。他にも、野菜を直売する「アグリー部」などの個性的な活動がある。
また、サッカー少年団に所属しているキャプテン佐藤壮馬君(小学6年)は「クラブは楽しい。将来はプロになりたい」と目を輝かせた。

助成を受けたバスで神戸の野球大会遠征

クラブの活動にはスポーツ振興くじ(toto)助成を受け購入したバスが大活躍している。児玉会長は「先日、神戸であった還暦野球大会にバスで行きました」。岩本とみ代マネジャーと岩崎ゆかりサブマネジャーは「totoの助成金のおかげでクラブは、とても助かっています」と、話す。スポーツを通じた地域づくりに役立っている。

廃校のグラウンドが天然芝に

大分県杵築市地域スポーツ施設整備助成


青空の下、緑の芝の上でのびのびプレー

杵築市山香町のスポーツ合宿施設「上村の郷」は4月、廃校となった旧上中学校を利用してオープンした。過疎の進む地域に元気を呼ぶ施設として再利用したい、との地元住民の要望を受け同市が整備した。
教室を宿泊できる施設に改修。合宿棟も設けた。スポーツ振興くじ(toto)助成を受け、土のグラウンドは全面天然芝に生まれ変わった。
ジュニアのスポーツ選手にとって、天然芝の上でプレーできる機会は貴重。早速合宿をしたサッカーのユースチームの選手からは「芝生は楽しい。最高!」と声があがった。

地域のスポーツ大会 今年から芝生の上で

サッカー以外でも、地元のグラウンドゴルフ団体が6月から毎週月曜日に練習で利用。また、芝で脚に負担が少ないと、駅伝チームの合宿も予定されている。
指定管理者となっているNPO法人上村の里の緒方袈裟昭理事長は「地区のスポーツ大会も今年から芝生の上でできる。たくさんの人に利用してもらって地域の活性化につながってほしい」と期待している。