インタビュー

インタビュー

氷上で弾けろ!ニッポンのガールズパワー。カーリング LS北見×浅田舞

2017年9月、平昌オリンピック代表決定戦を制し、見事日本代表の座を射止めた女子カーリングチーム、LS北見。試合中にピンマイクを通して聞こえてくる彼女たちの会話は常にポジティブ。どんな困難な局面でも明るさを忘れない彼女たちのプレーは、見ている人たちを幸せにする力があります。そんなLS北見の練習拠点を浅田舞さんが訪れ、実際にカーリングに挑戦。笑いの絶えなかったその一部始終を、映像と共にお楽しみください!


動画①基礎編

int_30_mov1

動画②ゲーム編

int_30_mov2

カーリングの道具ってどんなもの?

――まずはカーリングの道具についての説明から。試合を見ているだけではわからない道具の秘密に、浅田さん、興味津々です。

int_30_1
icon-asada浅田

まずはカーリングに使う道具について教えてもらってもいいですか?

icon-motohashi本橋

はい。主に3つあります。1つ目はこのカーリングブラシです。これでアイスをこすって、一瞬氷を溶かして、水の膜を作ってストーンを滑らせます。

icon-asada浅田

ちなみにこの裏はどうなってるんですか?

icon-motohashi本橋

布ですね。

icon-asada浅田

あ、サラサラしてる。

icon-motohashi本橋

今は全メーカー、みんな同じ布を使って試合をします。
2つ目はカーリングシューズです。靴底には滑り止めがついている側と、サーッて滑る側があります。

icon-asada浅田

左右は決まってるんですか?

icon-motohashi本橋

はい。右手でストーンを投げる人は、必ず左足にこの滑るほうを履きます。そして3つ目。一番大事なのがこの、かわいいコロコロしたカーリングストーンです。

icon-asada浅田

だいたい何kgぐらいなんですか?

icon-motohashi本橋

1個20kgです。

icon-asada浅田

20kg!!

icon-motohashi本橋

石の重さを聞いてみなさん驚かれますね。で、必ず持ち上げようとします(笑)。

icon-asada浅田

持ち上げちゃいました、私(笑)

カーリングのルールと楽しみ方

int_30_2
icon-asada浅田

では次に、カーリングのルールについて伺いたいと思います。氷上のチェスとも呼ばれていますよね。

icon-motohashi本橋

まず試合に出る選手は4人です。そして、ここにある8投の石(ストーン)を両チームで投げ合います。簡単に言うと全部を投げ終わった時、どっちのチームが「ハウス」と言われる丸い円の中心に石を残せたかで点数が決まります。

int_30_3
icon-motohashi本橋

そして、最後の形に行くまでにすごく入念な作戦があります。「ハウスに届かなかったから、あれはミスなの?」なんて聞かれることもあるんですが、実はあえて手前で止めて、ハウスの中の石を隠すために置いたりするんです。本当に最後の最後まで相手をちょっと悩ませるところに、石をみんなで一生懸命置いていくのも作戦の一つです。

icon-asada浅田

へえー。攻めるだけじゃなくて、守りもあるんですね。

icon-motohashi本橋

そうなんです。さまざまな駆け引きを積み重ねて、最後に点を取るか取られるかというドキドキの場面に、カーリングでは数多く出会うことができます。「勝ったな」と思ったほうが負けちゃう可能性もかなりあるので、最後までお互いが本当に緊張しながらやっています。

icon-asada浅田

だから氷上のチェスなんですね。

icon-motohashi本橋

そうだと思います。チェスをやったことがないので、よくわからないですけど(笑)。

「ウォー」「ヤップ」のかけ声の意味は?

icon-asada浅田

続いて、スイープの技術についてお伺いします。強く掃けば掃くほど進むってことですか?

icon-yurika吉田夕

そうですね、女子ではたぶん1〜2メートルぐらい距離を伸ばせると思います。

icon-asada浅田

そんなに変わってくるんですか!

icon-chinami吉田知

コツは、ブラシの頭だけに全体重を乗せるんですよ。

icon-asada浅田

結構これ、腰にもくるし、腕にもくる感じですねー。スイープする時の掛け声も決まってるんですか?

icon-yurika吉田夕

はい。

icon-fujisawa藤澤

「イエス」とか「ヤップ」とかって言ってます。「こすって」「掃いて」って意味ですね。

icon-suzuki鈴木

そして、「ウォー」って言われたら、やめます。

int_30_4
icon-asada浅田

ゴシゴシと細かく掃いている時と、ゆっくりの時とあるように感じるんですけど、それは何か違いとかあるんですか?

icon-yurika吉田夕

細かく本気で掃いてる時は、「イエス」の指示が出た時。ラインがギリギリだったりもうちょっと距離を伸ばしてほしかったりっていう時です。ゆっくり掃いてるのは、割とラインもよくって、そのままの状態で来てほしい時。氷に落ちてるゴミを取り除くためです。髪の毛とか。

意外にザラザラな氷の表面。その変化を読む力がゲームのカギ。

int_30_5
icon-asada浅田

もう一つ、このリンクについてもお聞かせください。私、実際に氷の上に立ってみて驚いたんですが、(表面が)結構ボツボツしてるっていうか。

icon-motohashi本橋

あ、そうなんですよ。たぶんフィギュアスケートとは全然違う……?

icon-asada浅田

フィギュアだったらこれ絶対ダメなやつです! ツルツルじゃないといけないので。

icon-motohashi本橋

カーリングの場合、このツブツブ(氷の表面に水を撒いて凍らせたもの=ペブル)があることによって、石がベタッとアイスにくっつかずに滑っていきます。

icon-asada浅田

ええーっ? ツルツルのほうが逆に進むと思っていました。

icon-motohashi本橋

全然進まないんですよ。密着しすぎてしまって。そして、2時間半の試合の中でどんどんアイスが変わっていくんです。そこも読みながら試合を進める感じですね。

icon-asada浅田

時間ごとに変わってきちゃうってことですよね?

icon-motohashi本橋

変わります。時間、試合の時間帯によっても違いますし、場所や室温によっても違います。

int_30_6
icon-fujisawa藤澤

カーリングにおいては、このアイスを読む力がすごく大事です。最初はすごく滑らないアイスだったのに、30分ぐらい経ったらすごく滑るようになって、後半は結構スイープして氷(の表面の粒=ペブル)を溶かしているため、摩擦が増えてまた滑らなくなったり……。また、試合途中で観客が増えたり減ったりしても氷の状態が変化するんです。

icon-asada浅田

ああー、熱気とか。

icon-fujisawa藤澤

みんなでその変化を読むっていうのが、カーリングでは結構大事かなって思います。

icon-asada浅田

対戦相手によって作戦を変えることはありますか?

icon-motohashi本橋

攻撃が得意なチームも、守りが得意なチームもあって、試合の中でその特徴を見抜いたりはしますが、相手のスタイルに乗ってしまうと(相手の)思うツボなので、なるべく自分たちの作戦プランをしっかり持ちつつ、相手にも少しアジャストするという感じです。

――LS北見の5人から、カーリングの基礎を教えてもらった浅田さん。次は氷の上での実技にチャレンジ! 笑いあり、スゴ技ありの実技編、ぜひ映像でお楽しみください!

int_30_7

子どものころから慣れ親しんでいたカーリング

――実際の体験を終えて、浅田さんがあらためて、LS北見の5人へインタビュー。それぞれにカーリングについて、オリンピックについて、熱い思いを語っていただきました。

int_30_8
icon-asada浅田

先ほどは貴重な体験をさせていただき、ありがとうございました。みなさんこの北見市(および旧常呂町)のご出身とのことですが、どのようにカーリングと出会われたんですか?

icon-motohashi本橋

私をカーリングに誘ってくださったのは小栗さん(故・小栗祐治氏、常呂カーリング協会初代会長)というコーチです。そしてここにいるほぼ全員が、その方に教わっています。

icon-asada浅田

地域の人たちにとって、カーリングはどんな存在だったんですか?

icon-motohashi本橋

小学校4年生から体育の授業にカーリングが組み込まれていたので、たぶん常呂町民は全員、触れたことがあると思います。

icon-asada浅田

では、世界で戦いたい、日本代表として活躍したいと意識しはじめたのは、おいくつぐらいからですか?

icon-motohashi本橋

私は18歳の時に、翌年開かれるトリノ・オリンピックの代表候補チームに入ることができて、突然オリンピックっていうのが現実味を帯びました。

icon-fujisawa藤澤

カーリングが1998年の長野大会で正式種目となって以来、オリンピックに出る選手はほとんど常呂町出身の選手で、子どもの頃から練習しに行けばオリンピック選手がいるというくらい、オリンピックを身近に感じていました。

icon-chinami吉田知

私と妹の夕梨花がカーリングを始めたのは、ちょうど長野オリンピックの翌年から。そのあと私が14歳の時には、トリノでカーリング娘旋風を起こした「チーム青森」のみなさんと全日本選手権で戦う機会がありました。その時に、私もいつか日本代表としてオリンピックに出たいなあというように思いました。

icon-yurika吉田夕

長野大会の時、私は5歳でした。それ以来、地元の知っている人たちがたくさんオリンピックに行っていたので、「あ、大きくなれば行けるもんだ」と思ってて……。

icon-lsLS

(笑い)

int_30_9
icon-asada浅田

鈴木さんはいかがですか?

icon-suzuki鈴木

ああー、そうですね……。私は本当、みんなとはちょっと違うというか……。最近3〜4年ぐらい。

icon-asada浅田

そんなに最近!?

icon-lsLS

(大爆笑)

icon-motohashi本橋

このチームの持ち味は個性。はい。鈴木選手は個性の塊なので。

みんなで作ったチーム、成長をサポートするスポーツくじ

icon-asada浅田

本橋さんはキャプテンとして、このチームをどのように感じていますか?

icon-motohashi本橋

いつか自分のチームが作れたらいいなという願いを抱いてから、一人ひとりの個性が消えないようなチームを作りたいとずっと思っていました。チームを作るということは、絶対に一人ではできないことだからです。みんな一人ずつこのチームにどんどん入ってきてくれて、いろんな人にサポートされて、チームLS北見っていうのがかなり今大きくなって、あったかいチームになってきているな、と感じています。

icon-asada浅田

ではキャプテンの本橋さんに、スポーツくじの助成について、お伺いしたいと思います。スポーツくじは、さまざまなスポーツを支援しています。カーリングでは選手達へのアスリート助成、日本ジュニアカーリング選手権大会への助成などがあります。そのことについて、どのように感じていますか?

icon-motohashi本橋

カーリングという技を見せ合う競技において、やはりスキルを磨く、経験を積むということにはかなりの時間が必要です。時間をかけてチームとして成熟させていく過程で、スポーツくじ助成には本当にお世話になっているので、ありがたく感じています。もちろん、そのようなサポートがあるということが、「よしっやるぞー」という気持ちにもなると思います。もしサポートがなければ、昨年(2016年)の世界選手権銀メダルも実現しなかったと思いますので、もう感謝の気持ちでいっぱいですね。

試合中、何をしゃべっているのかをぜひ聞いてほしい

icon-asada浅田

カーリングをテレビなどでご覧になる方たちには、どんなところに注目してほしいですか?

icon-suzuki鈴木

カーリングは、見れば見るほど面白さを感じていただけるスポーツだと思います。「あ、この石がこう使われるのか」といった作戦のところに注目していただけたらと思います。

int_30_10
icon-yurika吉田夕

その作戦にも関係するんですが、私たちって試合中にすごくいっぱいしゃべっているんです。その声をマイクが拾ってくれているので、私たちが試合中に何をしゃべっているのかっていうのも注目してください!

icon-chinami吉田知

私たちは昨年、世界選手権で日本勢初めての銀メダルを獲ることができたんですけれど、カーリング大国カナダの観客はいつの間にかみんな私たちを応援してくれていました。私たちのパフォーマンスや、氷の上で起こっていることをいちいち楽しんだりする姿を、面白いと感じていただけたそうです。ですからそういうところに、私たちの魅力があるんじゃないかなと思っています。

世界一の事前準備をしていれば必ず結果はついてくる

icon-asada浅田

平昌オリンピックに向けてそれぞれ意気込みを一言ずついただいてもいいですか。

icon-motohashi本橋

本当に誰が勝ってもおかしくないような舞台がオリンピックだと思っています。日本の国旗を胸に掲げ、選手だけでなく、各選手の所属の会社の人や家族たちも合わせて、「みんなで勝ちに行くぞ」っていう気持ちで、一戦一戦を迎えたいと思います。

icon-fujisawa藤澤

大会が始まるまで、合宿や遠征などで一つずつしっかり課題をクリアしていって、やるべきことはすべてやって、自信を持って平昌オリンピックに臨みたいです。そして、見ている方にも楽しんでもらえるような試合ができればなって思います。

icon-chinami吉田知

オリンピックまでの期間、世界一の事前準備をしていれば必ず結果はついてくると思っているので、オリンピックの舞台で私たち史上最高のゲームが更新されるように、1日1日を大切に過ごしていきたいと思います。

int_30_11
icon-yurika吉田夕

オリンピックというすごく大きな夢の舞台に立てるワクワク感があります。しっかりと氷と向き合い、自分たちのベストパフォーマンスがそこでできればいいなって思います。

icon-suzuki鈴木

やり残したことはないと言えるぐらい準備して臨んで、私たちらしく前向きにやっていければいいなと思っています。

icon-asada浅田

ありがとうございます。みなさんの笑顔が平昌で輝くことを祈りつつ、日本からしっかり応援させてください。頑張って、気をつけて行ってきてください。……行くまでまだ数ヶ月ありますけどね(笑)

icon-lsLS

あはははははは!

int_30_12

LS北見(えるえす きたみ)

2010年、元チーム青森所属の本橋麻里選手により、北見市常呂町出身者5名で結成。以降、吉田知那美選手、藤澤五月選手の加入を経て、現在のチーム編成となる。2016年3月の世界選手権では日本勢初の準優勝。2017年、中部電力との平昌オリンピック日本代表決定戦を3-1で制し、2018年の平昌オリンピック出場を射止めた。練習拠点は5人の地元、北見市にあるアドヴィックス常呂カーリングホール。LSは「ロコ・ソラーレ」のことで、「ローカル」と「常呂っ子」から「ロコ」+イタリア語で太陽を意味する「ソラーレ」に由来し、「太陽の常呂っ子」という意味が込められている。

(左から)

140motohashi

本橋 麻里もとはし まり

1986年6月10日生まれ。北海道北見市常呂町出身。NTTラーニングシステムズ株式会社所属。2006年トリノ冬季オリンピック、2010年バンクーバー冬季オリンピックに出場。2010年に同じ地元の5人でLS北見を結成。現在はキャプテンとしてチームをまとめる。

140fujisawa

藤澤 五月ふじさわ さつき

1991年5月24日生まれ。北海道北見市美山町出身。株式会社コンサルトジャパン所属。北見市体育協会所属。高校卒業後、中部電力に所属し、2011年からの3年連続日本一を経験。2015年5月よりLS北見に移籍。ポジションはスキップ。

140suzuki

鈴木 夕湖すずき ゆうみ

1991年12月2日生まれ。北海道北見市常呂町出身。LS北見創設メンバー。中学時代は吉田知那美・夕梨花姉妹らとチームを組み、北海道代表として全国大会3位の経歴を持つ。ポジションはセカンド。

140yurika

吉田 夕梨花よしだ ゆりか

1993年7月7日生まれ。北海道北見市常呂町出身。吉田知那美選手の妹。高校2年でLS北見に創設メンバーとして参加。ポジションはリード。

140chinami

吉田 知那美よしだ ちなみ

1991年7月26日生まれ。北海道北見市常呂町出身。ネッツトヨタ北見株式会社所属。吉田夕梨花選手の姉。北海道銀行フォルティウス時代、ソチオリンピックにインフルエンザにかかった小野寺歩選手に代わって出場し、5位入賞に貢献。2014年6月にLS北見に移籍。ポジションはサード。

140asada

浅田 舞あさだ まい

1988年7月17日生まれ。愛知県名古屋市出身。元フィギュアスケート選手で、現在は、アイスショーに出演するほか、新聞やテレビ、ラジオでスポーツキャスターとしても活躍中。2009年にはダイビングのライセンスを取得し、仕事、趣味でもダイビングを行う。また、2016年には舞台「マッスルミュージカル~ふしぎの国のアリス~」、2017年には、「AMAZING八剣伝」出演。2017年夏には、舞台「煉獄に笑う」で初の本格的舞台女優に挑戦。活躍の場を広げている。

アンケートにご協力ください。

Q1

本記事を読んで、スポーツくじ(toto・BIG)の収益が、日本のスポーツに役立てられていることを理解できましたか?

とても理解できた
なんとなく理解できた
理解できなかった
Q2

スポーツくじ(toto・BIG)の取り組みに共感できましたか?

とても共感できた
なんとなく共感できた
共感できなかった
送信