パラ陸上 辻選手に料理家 栗原さんが贈った料理レシピ

きんぴらごぼう

recipe01_02
材料(つくりやすい分量)
  • ごぼう…2本(250g)
  • にんじん…1本(150g)
  • 赤唐辛子(輪切り)…1本分
  • 白炒りごま…適量
しょうゆ…大さじ2・1/2
みりん…大さじ1・1/2
砂糖…大さじ1
サラダ油…大さじ1
ごま油…小さじ1
つくり方

①ごぼう、にんじんは5cm長さの細切りにする。ごぼうは水にさらしてアクを抜き、水気をきる。

②フライパンにサラダ油をひいて中火にかけ、ごぼうを強火で炒める。油がまわったら赤唐辛子、にんじんを加えて炒める。少ししんなりしたら、合わせておいたAを加えて、さらに混ぜながら炒める。

③煮汁がなくなってきたら、風味づけにごま油を加えてサッと混ぜ、火を止める。仕上げに白炒りごまを加える。

栗原さんから辻さんへ

辻さんにとって、きんぴらは“お母さんの味”とのことですが、僕のレシピも母から受け継いだ味です。美味しくつくるコツは、ごぼうは15~30分ほど水にさらして、完全にアクを抜くこと。そして、“ごぼう”が味わいのメインなので、ごぼうに対するにんじんの比率は2/3程度にすること。何度もつくるうちに、だんだんお母さんの味に近づいていくと思いますよ。

煮込みハンバーグ

recipe01_02
材料(4個分)
  • 合いびき肉…400g
  • 玉ねぎ(みじん切り)…1個分(250g)
  • バター…10g
A
卵…1個
ヨーグルト…大さじ2
塩、ナツメグ…各小さじ1/2
黒こしょう…適量
B
赤ワイン…1/2カップ
水…1/4カップ
中濃ソース、ケチャップ…各大さじ2
はちみつ…大さじ1
ローリエ…1枚

[つけ合わせ]

  • にんじん(一口大に切る)…1本
  • れんこん(乱切りにして水にさらし、水気をきる)…200g
つくり方

①[つけ合わせ]の下ごしらえをしておく。鍋ににんじんとかぶるくらいの水を入れて強火にかけ、沸騰してから2~3分後にれんこんを加え、少し食感が残るくらいに下ゆでする。バター適量(分量外)で炒めておく。

②フライパンにバターを溶かし、玉ねぎを加えて強火で炒める。しんなりしてきたら火を弱め、焦がさないようにたまに混ぜながら、きつね色になるまで炒めて冷ます。

③ボウルに合いびき肉、A、②を入れ、粘りが出るまでしっかり混ぜて、4等分する。手にサラダ油適量(分量外)をつけ、ひとつずつ両手でキャッチボールをするように手のひらに打ちつけて空気を抜き、形を丸く整えたら、真ん中をくぼませる。

④フライパンに③を並べてから強火にかける。焼き色がついたら返し、フタをして弱めの中火に落とす。

⑤両面に焼き色がついたらBを加えて蓋をしてソースにとろみがつく程度まで煮込む。

⑥ハンバーグに火が通ったら、①の根菜類を加えて、温まるまで軽く煮る。

栗原さんから辻さんへ

ハンバーグは自分でもつくるという辻さん。「タネをどのくらいしっかり練ったらよいんですか?」という質問が出ましたが、基本的には、ちゃんと材料が混ざるくらいまで練ってください。ただし、練り過ぎてタネの温度が上がり、肉の脂が溶けてしまってはダメ。ですから、材料はすべて冷えた状態でスタートするようにしてくださいね。

チキンサラダ ごまドレッシング

recipe01_03
材料(2~3人分)
  • 鶏むね肉…1枚(350g)
水…1リットル
酒 …大さじ1
しょうが(スライス)…1片分
長ねぎ(青い部分)…1本分
塩、砂糖…各小さじ2
  • かいわれ菜…1パック
  • みょうが…3個
  • 三つ葉…1袋
  • ブロッコリースーパースプラウト…1/2パック
  • 白すりごま、ピーナッツ(砕く)…各適量

[ごまドレッシング]

  • 白ねりごま…大さじ4
  • しょうゆ、すし酢…各大さじ2
  • ごま油、白すりごま…各大さじ1
つくり方

①鍋にAを入れて沸かして火を止め、皮を除いた鶏むね肉を加えて蓋をする。そのまま30分以上置き、煮汁ごと冷ます。

②かいわれ菜は根元を除き、長さを半分に切る。みょうがは縦半分に切り、斜め薄切りにする。みつ葉は3~5cm長さに切る。すべての野菜をスプラウトと一緒に水にさらしてパリッとさせてから、スピナーやザルでしっかり水気をきる。

③[ごまドレッシング]の材料をすべて混ぜ合わせる。

④②の野菜を器に盛り、①の鶏むね肉を5mm厚さに切ってのせる。くだいたピーナッツ、白すりごまを散らし、③のドレッシングをかける。

栗原さんから辻さんへ

かたくなったり、パサついたりしがちな鶏むね肉。この方法なら、しっとりジューシーで、柔らかく仕上がります。ゆで上がりを汁に浸したままお鍋ごと冷蔵庫に入れておけば、2日間は保存しておけますよ。毎日、トレーニングと大学院の授業で大忙しという辻さんですが、ぜひ手軽な“つくり置き”レシピとしても活用してください!