トップアスリート×47都道府県

その他

トップアスリート×47都道府県(島根) 陸上 土江寛裕

陸上への思いや経験を後進につなげたい。

「最高到達点を確認しよう」 強い思いで臨む

私の競技生活の原点は小学2年生の時。同じ陸上選手だった父親が、地元で陸上教室を開いたのがきっかけです。今で言う地域スポーツクラブのような集まりで、地域の陸上経験者の方々が子どもたちの指導に当たります。中学卒業まで、学校の部活に加えてこの活動に参加しており、選手としての基礎部分をしっかり鍛えられました。今でこそ地域スポーツクラブは数多く設立されていますが、当時は珍しい取り組みだったのではないでしょうか。「何かスポーツがしたい」と思った時に、打ち込める環境が身近にあるのは幸せなことだと思います。
現役時代はアトランタ五輪やアテネ世界選手権など国際大会で走りましたが、最後に出場したのが2004年のアテネ五輪です。世界の舞台では納得いく結果がまだ収められておらず「自分の最高到達点を確認しよう」という強い思いをもって臨みました。朝原(宣治)さんや末続(慎吾)君たちと組んだ400mリレーは予選を突破しましたが、決勝は3位のナイジェリア代表と0.26秒差の4位。日本代表の過去最高順位だったものの、一走の自分のスタートがもっと良ければメダルに届いたかもしれないと思うと、本当に悔しかったです。
ただ、五輪で得られた経験は、現在監督を務めている大学の陸上競技部での指導にもつながっています。教え子にはいつか五輪の舞台で私を超える成績を残してほしいですし、その中に島根出身の選手がいれば最高ですね。

地域がスポーツを支え、育てる流れを大事に

その島根ですが、人口の割に優秀なアスリートを数多く輩出していると思います。指導や育成環境の水準の高さもあるでしょうし、競技をとりまく地域の環境も良いのではないでしょうか。例えば奥出雲町のホッケーは全国レベルで、子どもから大人まで、地元全体が競技を応援する土壌があります。
また、私も関わっている例では毎年4月に出雲市で開かれる「吉岡隆徳記念出雲陸上競技大会」があります。国内トップレベルの選手が毎回招待され、地元選手や関係者の意識向上につながっています。地元の陸上競技協会の熱意のたまものですが、このように地域がスポーツ競技を支え、育てていく流れを今後も大事にしてほしいです。私もできる限り協力していきます。

土江 寛裕つちえ ひろやす

1974年平田市(現出雲市)出身。平田中―出雲高―早大―富士通。五輪はアトランタとアテネに出場。百メートル自己ベストは10秒21(04年)。現在は城西大陸上競技部監督。同大経営学部准教授。

島根県内のtoto助成事例

天候を問わない人工芝で利用者増

出雲市 大社健康スポーツ公園地域スポーツ施設整備助成

早朝テニスで汗を流す利用者(出雲市大社町)


縁結びの神様として名高い出雲大社のすぐ近くにあるのが大社健康スポーツ公園。多目的に利用できる運動場やテニスコート、体育館を備えている。スポーツの盛んな地域で、特にテニスの人気が高く、小学生から高齢者まで幅広い世代が練習に精を出してきた。
そのテニスコートは5面あったものの、いずれも真砂土などでできたクレイコートのため、雨や雪の日は水たまりで練習や試合が中断することも。地元の大社テニス協会(板垣郁夫会長)が中心となって芝生化を望む声が強かった。

全国規模の大会も誘致 市民の健康づくりに貢献

そこでスポーツ振興くじ(toto)助成を活用し、平成21年12月から翌年3月までの間に整備され、4面が人工芝に生まれ変わった。
昨年8月には、全国規模の大会初誘致となる全国レディースソフトテニス大会が開かれ、170名の選手が新コートで熱戦を繰り広げた。利用者も平成20年度約1万300名だったのが同23年度には約1万3000名と増えた。毎朝テニスを楽しむ同協会の曽田忠良副会長は「整備が実現して大変うれしい。年齢を問わず健康づくりに役立つ」と喜んでいる。

多彩なスポーツ教室で市民の健康づくり

NPO法人 さくら総合スポーツクラブ(島根県安来市)総合型地域スポーツクラブ活動助成


毎日のプログラムの打ち合わせは欠かせない日課(安来市民体育館)

NPO法人さくら総合スポーツクラブ(藤原常義理事長)は、地域住民がスポーツを楽しみながら、健康・体力の増進を図り、地域の交流、連携を深めることを目的に市民組織と市外郭団体が平成20年8月に設立。現在、市民体育館、運動公園の指定管理者として事業を受け持っている。
総合型地域スポーツクラブの運営、発展のためには人材育成が不可欠。事務局長の大和修一さんが昨年クラブマネジャーの公認資格を取得。職員でアシスタントマネジャーの長谷貴史さん、池田真由美さんとともに、細かい事業計画を策定、経理や教室での指導など忙しい毎日を過ごしている。

マネジャーフル回転 23プログラム盛況

同クラブが手がける屋内スポーツ教室には、スポーツ振興くじ(toto)助成が大いに役立てられており、テニス、バドミントン、ジャズダンスなど23のプログラムがある。2年前にリニューアルしたトレーニング室のフィットネス利用者は延べ900名と大人気で参加者は思い思いのコースでのびのびと体を動かしている。